2019年モデルのiPhoneは画面のM字が小さくなる?画面埋め込みTouch IDは?

FaceID noch 2019 02

2019年に発売されるiPhoneのディスプレイは、Face ID対応モデルであってもM字部分が「iPhone X」よりも緩和された形状になるかも?という話。

「iPhone X」のディスプレイは、Face ID用のTrueDepthカメラモジュールとベゼルレスデザインを両立させる為に、上部の部分がM字になっています。デザイン的にもよろしくなく、画面表示もおかしくなることから評判はあまり良くありません。

(そもそも、「iPhone X」の時点でベゼルレスデザインに執着せずに、トップベゼルの部分だけ余白を残しておけば、M字M字と言われることも無かった)

それが、来年2019年に発売されるiPhoneでは、M字が小さくなるかもしれないということです。

サプライヤーのLG Innotekが、顔認証機能に用いるTrueDepthカメラとフロントカメラを組み合わせることで、モジュールを従来よりも小型化することを検討しているといいます。

もし小型化されたら、M字と揶揄される独特な画面デザインが変更されることになるかもしれません。

FaceID noch 2019 01

現行のTrueDepthカメラモジュールは、赤外線カメラ、投光イルミネータ、ドットプロジェクタ、そしてFace Timeカメラがあります。これをどうやって小型化するのか?そして、小型化した際に顔認証の精度はどうなのか?ちょっと課題が多いように思えますが、はたして実現できるのか?

この話題のソース元になっている韓国のITメディアetnewsの記事によると、これからのスマートフォンの生体認証システムは、顔認証に加えて、ディスプレイに埋め込まれた指紋センサーによる指紋認証が主流になるということです。

現在のスマートフォンで最も先進的な顔認証システムは、AppleのFace IDですが、それでも欠点が多く必ずしも完璧とはいえません。セキュリティ的には、指紋認証であるTouch IDの方が優れています。

ディスプレイをタッチして指紋認証ができるようになれば、M字の無い完全なベゼルレスデザインのiPhoneも簡単に実現できます。

そうなると、逆に、Face IDの存在が足を引っ張る結果になったりして。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited