「iOS 11.4」では、7日間ロック解除しないとUSB接続を制限する機能がつく

Graykey iOSpasscodecracktool 01
(image: Malwarebytes Labs)

「iOS 11.4」より、USB接続制限モードが正式に実装されるかもしれません。 

USB接続制限モードは、7日間ロック解除が行われていないiPhoneやiPadなどのiOSデバイスで、Lightning接続によるデータ転送を無効化する機能です。USB接続制限を解除するには、パスコードロックを入力してロックが解除された状態でLightning接続を行う必要があります。

最初に実装されたのは「iOS 11.3」ベータ版ですが、正式リリース版では削除されていました。そしてまた「iOS 11.4」ベータ版で復活したことから、今度こそ正式に実装されるのでは?とみられています。

AppleがiOSデバイスにUSB接続制限モードを実装する理由としては、Grayshift社が提供するパスコードロック解除装置「GrayKey」への対策。

「GrayKey」は本体にあるLightningケーブルにiOSデバイスを接続してパスコードを解析、ロックを解除してしまうという装置です。が、USB接続制限モードになったiPhoneやiPadの場合、Lightningケーブルに接続しても反応しなくなるので、パスコードの解析が行えなくなるというわけです。

普通に使っている場合、7日間もロックを解除しないというケースはまずありえないので、ユーザーにはあまり関係は無さそうですが、この手の新機能の導入は余計なバグや不具合を連れてくることがあるので(特に最近のAppleは多い)、すこし心配なところもあります。「iOS 11.4」へのアップデートは、少し様子見してから行ったほうがいいかもしれません。

関連するエントリー