ハードの発表無しのWWDC、サクサク動作な「iOS 12」はiPhone 5sもサポート、macOSはダークモード実装

IOS12 kinou 04

WWDC 2018の基調講演が、本日 午前2:00より開催されましたが・・・開幕当初に今回のWWDCはソフトウェアのみの発表になるという告知が行われ、がっかりムードに。「MacBook Pro」のサプライズを信じで朝まで起きていた人、さっさと寝た人、最初からスルーしてぐっすり寝た人様々だと思いますが、蓋を開けてみれば、今秋にリリースされる「iOS 12」「macOS Mojave」「watch OS 5」「tvOS 12」の新機能を発表するイベントということになりました。

「iOS 12」はiOS 11よりもパフォーマンスが改善されて動作がキビキビに、「macOS Mojave」は事前にリークされたダークモードを実装、「watch OS 5」はポッドキャストをサポート、「tvOS 12」ではDolby Atmosをサポートします。

iOS 12の主な新機能

IOS12 kinou 02

「iOS 12」はパフォーマンスが改善されて動作が軽くなったことと、旧モデルの「iPhone 5s」「iPad Air」もサポートしていることが一番の注目点。Siriショートカットにも期待。

その他の機能では、最大32人でチャットができる「Face Time」、アバターをカスタマイズしてアニ文字として使える「Me文字」、コアラ、トラ、T-rex、おばけが追加された「アニ文字」、複数のユーザーで同じARを共有できるようになった「ARKit 2」、ARKit 2を使って物体を計測できるアプリ「Measure」、ゲームは1日1時間という掟ガキに課すことができる「Screen Time」などがあります。

iOS 11比でのパフォーマンス

「iOS 12」は相当サクサクっぽい。
スペックの低い旧モデルほど「iOS 12」にアップデートする恩恵がありそう。

  • ロック画面からスワイプでカメラを起動するまで:70%アップ
  • ソフトウェアキーボードが表示されるまで:50%アップ
  • アプリの起動時間:2倍にアップ

IOS12 kinou 03

通知センターの視認性がアップ

同じアプリからの通知がスレッド化して表示される。

IOS12 kinou 01

Siriショートカット

アプリや動作を組みわわせたワークフローをSiriのショートカットとして使える。
これは期待できそう。

「iOS 12」の公開ベータ版は6月末より提供予定です。

macOS Mojaveの主な新機能

一番の注目はダークモード。
それ以外は正直おまけ。

MacOS mojave 01

ダークモード

UI全体をダークカラーを基調としたカラーに変更できる。
システム環境設定からオンにするだけ。
FinderやSafariなどmacOSの標準アプリの他、サードパーティアプリでも使用できる。

Stacks

デスクトップアイコンを一発で整理できる機能。
画像や文書などファイルの種類別、日付別に分類もしてくれる。

MacOS mojave 02

Finder / Quick Look

画像やPDFファイルのプレビューが強化される。
PDFや画像ファイルに手書きメモをしたり、切り抜いたり回転させたり、オーディオやビデオファイルをトリムしたりといった簡単な編集はFinderだけでできるようになる。

MacOS mojave 03

スクリーンショット

スクリーン全体、特定のウィンドウ、選択した範囲を画像でキャプチャできる他、スクリーン全体または選択した範囲をビデオでキャプチャできる。

専用アプリよりも使い勝手が良ければ。

Continuity Camera

iPhoneで撮影した写真をすぐにMacに表示できる。
この機能は、Mail, Notes, Pages, Keynote, Numbersなどのアプリで利用できる。

Safari

faviconをタブに表示できる。

Mail

絵文字ボタンをクリックして絵文字まみれのメールを作成可能。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited