iPhone/iPad/macOS/Winで使える簡単な動画編集アプリ「Adobe Premiere Rush」

AdobeRush 08

Adobeより、動画編集アプリ「Premiere Rush」がリリースされました。

Appleの「iMovie」っぽいUIで、YouTubeやSNS向けの動画をサクッと作成するのにちょうど良い感じのアプリで、macOS、iOS、Windowsで利用することができます。(Android版は今後リリース予定)

豊富なカラープリセット、テキストキャプション、スタイルテンプレートや、編集中のプロジェクトはクラウドストレージに保存・同期できるのが特長です。

 

利用にはAdobe ID(Google IDまたはFacebookでもOK)が必要。
体験版として無料で3回まで書き出し可能です。

本格的に使う場合は、月額980円(税別)かかります。

AdobeRush 01

必要システム条件は、Windows 10(64bit、8GB RAM)、macOS 10.13以降(8GB RAM)、iOS 11以降(A9チップ以上)となっていて、どんな環境でも使えるというわけではありません。

macOSは High Sierraから対応。
現時点でHigh Sierraにしていない人は何らかの事情(旧型だからとか、スクリプトやアプリの対応がなどの理由)があってのことでしょうから、このアプリのためにHigh Sierraにアップグレードするというのはまずありえません。

とりあえずiOS版なら使えるみたいなので、使ってみましょう。

iOS版Premiere Rushを使ってみた

IDが無い場合は、まずAdobe IDを取得
Adobe IDでログインしたらサンプルメディアがあるので、それで試しに動画を編集して出力してみました。

AdobeRush 02

こちらは、iPad版をランドスケープモードにした状態です。
iPadならランドスケープモードで使うのが良さげ。

AdobeRush 09

iPhone版はこちら。
UIは縦モードに最適化されています。

AdobeRush 03

ビデオクリップを選択して編集開始。
スタイルテンプレートは色々あります。

ビデオの編集操作はピンチやスワイプ、タップからのメニュー、メニューアイコンで行えます。

AdobeRush 04

カラー調節もかなり細かくできます。
カラープリセットも豊富です。

AdobeRush 05

キャプションは、なんだか背景入りのものばかり。
背景のチェックを外すと文字だけにてきます。

AdobeRush 06

編集がすんだら書き出し。
ビデオファイルはカメラロールに保存されます。

4K@60fpsビデオを読み込んで編集、出力を試してみましたが、4K@30fpsどころか1080p@60fpsが上限でした。iMovieでも4K@30fpsが上限なので、やっぱり4Kビデオ編集はまだ敷居が高いのかも。

AdobeRush 07

マルチプラットフォームで使える、データの同期ができるのは便利。
クラウドストレージも100GBあるので必要十分。
ただ、iPhoneだと画面が小さいので編集はキツイ感じ。

出先でiPadを使って、ちょっちょっと切ったり貼ったりキャプションを入れたりして、帰宅後にMacやWindowsで完成させるという使い方ができるケースなら有用、それ以外なら「iMovie」でも十分な気がします。Macが無い環境なら「iMovie」の代わりに良いかもしれません。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー