新しいMacBook Airは設計が進化、バッテリー交換が少し簡単に

NewMacBookAir 05

新しいMacBook Airはバッテリー交換が比較的容易になっていることが、iFixitの分解レポートで明らかになりました。

新しいMacBook Airのバッテリーは6枚の接着シールと4本のネジで固定されているだけで、MacBookやMacBook Proのように接着シールでガチガチに固定されているわけではないので、ヘラで必死に接着シールをこそぎ落とす必要はなく、接着シールを引き抜いてネジを外すだけでバッテリーパックは取り外せるようになっています。

NewMacBookAir 01

また、ポート類や冷却ファン、スピーカーなどもユニット別に簡単に交換できるように設計されています。

それなりにユーザーフレンドリーな設計になってきたのかな?

NewMacBookAir 04

・・・と思いきや、iFixitの総評は10点満点中3点と低め。

その理由としては、キーボードの交換には全バラの必要があること。
最も酷使するキーボードが一番交換しにくいという設計は、あまりユーザーフレンドリーとは言えません。

NewMacBookAir 02

キーボードは防水防塵のカバー付き。

また、ロジックボードにハンダ付けされているRAMとSSDについても、故障時にはロジックボード一式を交換する必要があることからマイナスポイント。どちらも酷使することで故障するパーツですから、パーツ単位で交換できるに越したことはありません。

RAMはSK Hynix製、SSDはSandisk製のものが搭載されています。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー