iFixitがM1版MacBook AirとProを分解、Intel版との違いは?

MacBookAirM1 Teardown 01

M1チップを搭載したMacBook Airと13インチMacBook Proの分解レポートを、iFixitが公開しました。

まずMacBook Airからチェック!

2020年に発売されたIntel版のMacBook AirとM1版のMacBook Airを比較すると、基本的な内部構造は同じですが、ファンレスになったM1版のMacBook Airの方には、当然ですが冷却ファンがありません。また、ロジックボードはIntel版の半分くらいの大きさになっています。

MacBookAirM1 Teardown 02

M1版には冷却ファンがない代わりに、M1チップの冷却を行うアルミ製のヒートスプレッダが延長されていて、ロジックボードの隙間を埋めています。

ヒートシンクとも言えない単なる板状のアルミですが、これだけでも十分冷却できるということでしょうか。

13インチMacBook Proの方はどうかというと、大きな変化は見られません。

冷却システムもIntel版とほぼ同じ。
冷却ファンは全く同じ物が搭載されています。

ただ、やはりM1チップの方が発熱は少ないので、冷却ファンの回転数が上がることはIntel版よりも少ないでしょう。それだけでも快適に使用できます。

MacBookAirM1 Teardown 03

冷却ファンの音って結構気になるもんね。

MacBookAirM1 Teardown 04

MacBook Airと13インチMacBook Proでは、ロジックボードの大きさが結構違います。

性能はほぼ同じなのにね。

リンゴマークのあるシルバーのチップがM1です。その横の黒い2つの長方形はLPDDR4X RAM。4GBが2つで合計8GB RAMが搭載されています。

Intel版との違いとして、T2チップが搭載されていないことも挙げられます。

関連するエントリー

 格安スマホSIMのUQ Mobile

2,980円でデータ容量10GB、節約モード時でも1Mbpsの速度が出る「スマホプランR」が提供開始!