iPhone 12と12 Proの内部設計は同じなので、12にはデッドスペースが出来ていた

IPhone12 iPhone12Pro comparison 03

とうとう発売されたiPhone 12とiPhone 12 Pro。

かなり似ている2機種ですが、中身もかなり似ています。

iPhone 12とiPhone 12 Proの分解の過程をパーツ単位で比較していく分解動画によると、iPhone 12とiPhone 12 Proはほとんどのパーツが共通で構造もほとんど同じ。フレームなどを除いて異なるパーツは、リアカメラモジュール、SIMモジュール、ロジックボードのみ。

パーツの配置も全く同じです。

搭載されているバッテリーパックも全く同じ物。

型番はA2479。
容量は10.78Wh / 2815mAh。

IPhone12 iPhone12Pro comparison 04

このようにほぼ同じな2機種ですが、ちょっと面白い部分として、iPhone 12のカメラモジュールの謎のスペースの存在があります。

iPhone 12 ProにはLiDARスキャナーが搭載されていますが、iPhone 12には搭載されていませんよね?その部分の処理が結構面白いんです。

IPhone12 iPhone12Pro comparison 08

iPhone 12 ProはトリプルカメラとLiDARスキャナーが搭載されています。

トリプルカメラとLiDARスキャナーは、別々のパーツとして本体にこのように取り付けられています。

IPhone12 iPhone12Pro comparison 06

これがLiDARスキャナーモジュール。

これがiPhone 12ではどうなっているのか?

IPhone12 iPhone12Pro comparison 02

デュアルカメラしかないiPhone 12では、3個目のレンズとLiDARスキャナーの部分はほとんど空きスペースになっていて、その部分を覆い隠すように樹脂パーツが取り付けられています。

iPhone 12 Proと共通の設計になったことで空きスペースが出来たんでしょうけど、microSDカードを隠せそうなくらいのデッドスペースは、最近のスマホにとってはすごく勿体なく感じますね。

でも、このデッドスペースが発熱面では有利に働く・・・なら、iPhone 12が一番熱暴走しにくいかも?

IPhone12 iPhone12Pro comparison 09

ロジックボードの大きさは全く同じ。

違いは、カメラモジュールのポートの形状とRAM。

iPhone 12は4GB RAM、iPhone 12 Proには6GB RAMが搭載されています。

IPhone12 iPhone12Pro comparison 07

これはMagSafeの磁石の部分。

リング状の磁石になるのかと思ったら、磁石が丸い花壇のブロックのように敷き詰められています。

そんな感じで、内部設計はほぼ同じでほとんど共通のパーツが搭載されているiPhone 12とiPhone 12 Proですが、その結果、iPhone 12にはデッドスペースが存在していたという話でした。

関連するエントリー

 Amazonプライムビデオ無料30日間

月額500円でプライム会員になれば、会員特典対象の映画やドラマ、アニメ、Amazon Original 作品が見放題。見なくなったらいつでもキャンセルOK。