2020年登場のiPhoneは3機種、5G対応はハイエンドモデルの2機種のみ

2020iPhone 5G OLED

来年、2020年に登場するiPhoneはどうなる?
アナリストMing-Chi Kuo氏が新しいレポートを発表しています。

2020年に登場するiPhoneは、通年通り3機種。
5.4インチと6.7インチのハイエンドモデルと、6.1インチのローエンドモデルが登場。2019年モデルとの違いは、3機種全てが有機ELディスプレイを搭載するということと、6.5インチ→6.7インチ5.8インチ→5.4インチへと画面サイズが変更されていることがあります。

さらに、今回のレポートでは次世代高速通信の5Gへの対応についても言及されています。

5Gの覇権を握りそうだったHuaweiが米国内から排除されたことを受けて、Appleは5G対応に積極的になっており、2022年〜2023年までにApple製の5G対応ベースバンドチップを開発してiPhoneに搭載する計画があるとのことです。それまではBroadcomのベースバンドチップを搭載するようです。

それが理由かどうかは分かりませんが、2020年モデルで5Gをサポートするのは、ハイエンドモデルの2機種のみとなるようです。ローエンドモデルが5Gをサポートするのは、早くても2021年以降になります。

2019年モデルのiPhone

  • 6.5インチ(有機ELディスプレイ)
  • 5.8インチ(有機ELディスプレイ)
  • 6.1インチ(液晶ディスプレイ)

2020年モデルのiPhone

  • 6.7インチ(有機ELディスプレイ, 5G対応)
  • 5.4インチ(有機ELディスプレイ, 5G対応)
  • 6.1インチ(有機ELディスプレイ)

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー