5.4インチのiPhone 12は新型iPhone SEよりコンパクト!発熱の懸念も

IPhone12 iPhoneSE2020 comparison 03

5.4インチの「iPhone 12」は、「iPhone SE 2020」よりも若干小さくなるようです。

先日リークされたiPhone 12シリーズの3D CADデータ、それをプリントアウトしたモックアップとの比較動画をアップしたEverythingAppleProのTwitterによると、横に並べた状態では、やや「iPhone 12」の方が小さくなることが判明。

ポケットサイズの小さなiPhoneを求める人にとっては、かなりマストなモデルとなるでしょう。

画面サイズが5.4インチの「iPhone 12」と、4.7インチの「iPhone SE 2020」との比較。

「iPhone 12」の方が本体はやや小さくなりますが、ベゼルレスデザインになることで画面は大きくなります。

IPhone12 iPhoneSE2020 comparison 01

コンパクトな本体に巨大なカメラユニット。
重さはどうなるでしょうね?

「iPhone SE 2020」は148gと軽いので「iPhone 11」そっちのけで手にしてしまいますが、「iPhone 12」は巨大なカメラユニットを見る限り、重さはそれなりにありそう。

IPhone12 iPhoneSE2020 comparison 02

本体の厚みはそう変わらないようですが、フラットエッジデザインになったことで厚みがあるように見えます。

本体がコンパクトになるということは、良いことばかりではなく発熱が懸念されます。「iPhone SE 2020」でも動画やゲームでかなり発熱しますが、それよりも高性能でコンパクトということは、それなりに発熱するものだと考えた方がいいでしょう。

動画やゲーム用途なら、6.1インチモデルにしたほうが安心できるでしょうね。

関連するエントリー

 格安スマホSIMのUQ Mobile

2,980円でデータ容量10GB、節約モード時でも1Mbpsの速度が出る「スマホプランR」が提供開始!