iPhone 12とiPad 8は10月登場、iPhone 12の一部モデルは12月に発売か?

IPhone 2020modelrumor

例年、9月中旬〜末頃に発売されている新型iPhoneですが、今年の「iPhone 12」は1ヶ月ほど遅れる可能性が高いとみられています。

さらに、一部のモデルは12月頃まで発売延期になる可能性も出てきました。

このニュースは複数ソースで伝えられており、まずJon prosserのTwitterからの情報によると、「iPhone 12」と新型の「iPad 第8世代」は10月に登場するといいます。延期の理由については言及されていませんが、新型コロナの影響による渡航制限などにより「iPhone 12」の生産が遅れることはかなり以前から囁かれていました。

1ヶ月の発売延期は多くの人が納得することだと思いますが、気になるのが、一部のモデルが12月頃まで発売延期になるという話です。

こちらについては、ロイターがQualcommの収益を伝える記事で言及されています。

AppleとQualcommは法廷闘争を経て再びパートナーシップを結んで、iPhone向けにチップを供給するようになりました。今年発売される「iPhone 12」シリーズには、Qualcomm製の5Gモデムが搭載されることになっています。

そのQualcommの幹部によるコメントとして「某メーカーのフラッグシップスマートフォンの発売に遅れが生じている。一部のモデルは9月発売予定から12月発売になる。」といった内容が伝えられています。

某メーカーというのはAppleのことで、フラッグシップスマートフォンというのは「iPhone 12」のことでしょう。

一部のモデルは12月発売になる・・・ということは、「iPhone 12」シリーズは10月と12月に分けて発売されるということになります。

「iPhone 12」シリーズは4モデルあり、全てが5Gに対応するとされています。

ただ、今年1月の情報では、アメリカ、イギリス、カナダ、日本、韓国といった5Gサービスが本格的に提供開始される国(または、すでに提供されている国)向けには、mmWave(ミリ波)とsub-6GHzの両方の周波数に対応する5Gモデムが搭載された「iPhone 12」が発売され、5Gのサービスが提供されていない国(または、あまり普及していない国)向けには、5Gモデムを搭載しない「iPhone 12」が発売されるという噂がありました。

発売が12月に遅れる一部モデルというのが、このどちらかに当てはまるのか?とすれば、遅れるのは5Gモデム搭載の方になるのか。

それとも、5Gモデムは関係なくて、単に「iPhone 12」シリーズの4モデルの内、どれかが遅れて登場することになるのか?

関連するエントリー

 Amazonプライムビデオ無料30日間

月額500円でプライム会員になれば、会員特典対象の映画やドラマ、アニメ、Amazon Original 作品が見放題。見なくなったらいつでもキャンセルOK。