Microsoft StoreでMacライクなiCloudクライアントが提供開始

Icloud windows 01

Windows版iCloudクライアントの提供がMicrosoft Storeでも開始されています。

ダウンロードは無料、Windows 10 バージョン18362.145以降で利用できます。

AppleのクラウドストレージサービスiCloudをWindowsでも使えるようになるクライアントアプリで、インストールすることでエクスプローラーにiCloud Driveフォルダが出現、iCloud Driveに保存しているファイルや写真、ブックマーク(IE、Firefox、Chrome、Safari)、メールや連絡先(Outlook)を同期できるようになります。

これまでのWindows版iCloudと何が違うのか?

iCloudに保存されている全てのファイルをローカルに保存して同期するのではなく、まずはファイルリストだけを同期、使うファイルのみをローカルにダウンロードする方式となっています。なので、ローカルストレージをあまり消費しません。

Mac版のiCloudと似たような仕様ですね。

Icloud windows 02

ハードウェアとソフトウェアの両面で自社サービスでの囲い込みを強めているAppleですが、Windows版が今でも無償提供されているのはありがたい所です。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー