Proじゃない普通のiPadに「iOS 13(iPad OS)」をインストールしてみた

この秋に正式リリースされる「iOS 13」では、iPad向けに色々と変更が加えられています。

デベロッパーベータ1がリリースされたので、iPadにインストールしてみました。

「iPad OS」になったことで「iOS 12」よりもパフォーマンスが向上し、アプリの起動やFace IDのロック解除も速くなっているといいます。

今回インストールしたのはiPad 5ですが、動作感はiOS12とほぼ変わらず。
ベータ1なのでちょっとタップの調節が甘い感じがあったり、動作が不安定で再起動してしまうことがありますが、概ね良好です。

「iPadOS」の新機能としては、ホーム画面の固定ウィジェット、ダークモード、Splitviewのスライドオーバー、ファイルプレビューができるようになったFiles、ファイルのダウンロードができるようになったSafariなどがあります。

IOS13beta1 ipados 08

まずは、ダークモード。
これのために「iOS 13」「iPadOS 13」にしてもいいくらい。

ダークモードは、設定の画面表示と明るさから設定できます。

ダークモードにして壁紙も「iOS 13」で追加されたものに変更。
すると、いい感じになりました。

IOS13beta1 ipados 02

ホーム画面のアプリアイコンが少し小さくなっています。

これは固定ウィジェット用の変更のようです。

固定ウィジェットは、ホーム画面の一番左にした状態で左にスワイプすると出せます。縦モードの場合はポップアップ表示になりますが、横モードの場合はホーム画面の左端にウィジェットが表示されます。

固定ウィジェットといってもホーム画面を移動すると消えるので、これまでのウィジェットとあまり変わらないような。

IOS13beta1 ipados 10

ダークモードはNightShiftと同じく、夜間だけ有効にすることができます。

タイムスケジュールを設定すれば、好みの時間帯でダークモードを有効にすることもできますが、ダークモードは目に優しくて結構使いやすいので、常に有効にしておいてもいいかもしれません。

あと、ちょっと新鮮味があるというのもあるかも。

IOS13beta1 ipados 11

小さな変更点では、ボリューム調節アイコンが変更。

これまでは画面の真ん中に表示されていましたが、「iPadOS 13」では画面の真上に小さく表示されるようになっています。

IOS13beta1 ipados 06

Safariでファイルをダウンロード。
これはデスクトップ版のSafariと同じ感覚で使えます。

今まで頑なに実装されてこなかったファイルのダウンロード機能。
便利になって嬉しい反面、セキュリティ上の懸念もあります。

IOS13beta1 ipados 03

App Storeの表示も変わっています。
これはちょっと使いにくいかも。

IOS13beta1 ipados 04

Apple Musicはこんな感じ。
変わったような変わっていないような。

IOS13beta1 ipados 07

そして気になるFies。
デフォの表示だと以前と変わりません。

IOS13beta1 ipados 09

でも、できることは多くなりました。
Safariがダウンロードを解禁した影響で、こちらもファイルやフォルダの圧縮・解凍ができるようになっています。

IPadOS13 files 02

ファイル表示方法の変更は、上にスワイプしてメニューを表示。
右端のアイコンをタップして変更します。

詳細表示の他に階層表示にも対応しました。

IPadOS13 files 01

階層表示にするとこんな感じ。
フォルダを掘っていって中にあるファイルをクイックビューしたり、ファイル操作が行えます。

iPad Proじゃなくてもここまでできるようになれば、使い勝手はかなり向上しそうですね。

古いiPadですが、なんだか買い換えた時のような新鮮味もあったりして、それだけでも「iOS 13」にアップデートする価値はあります。

「iOS 13」のパブリックベータ版は7月中にリリース予定。
正式版は秋にリリース予定となっています。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー