iPhone 11 Pro Maxのバッテリーは1セルL字型、大きさと厚みもやや増

iPhone 11 Pro Maxに搭載されているバッテリーは、1セルのL字型バッテリーパックになっていることが、ベトナムのYouTubeチャンネルDChannelの分解動画により明らかになっています。

こちらの動画では、iPhone 11 Pro MaxとiPhone XS Maxを分解して内部構造をサクッと比較する内容。

高価な最新スマートフォンを世界最速で分解する割には、かなり淡白な作りの動画ですが、気になるポイントは押さえています。

IPhone11ProMaxbunkai 04

まずバッテリーパックの比較。
iPhone 11 Pro Maxは、iPhone XS Maxよりもバッテリー容量が795mAhもアップしています。

本体の大きさや形状は全く同じなのになぜ?

iPhone XS Maxの時は2枚のバッテリーパックを組み合わせた2セルL字型バッテリーでしたが、iPhone 11 Pro Maxでは、1枚のL字型バッテリーに変更されました。

これにより、つなぎ目の部分もバッテリーパックに充てることができます。

バッテリーパック自体も若干大きくなっているようです。

IPhone11ProMaxbunkai 02

さらに厚みも増しています。
有機ELディスプレイユニットが薄型化されたことで、バッテリーパックの厚みが増したということでしょう。

IPhone11ProMaxbunkai 01

心臓部のロジックボードは、トリプルレンズカメラの設置スペースを作るためにさらに小型化され、密度が増しています。

IPhone11ProMaxbunkai 03

トリプルレンズカメラのモジュール。
あと1枚くらいは無理なくレンズを増やせそう。

IPhone11ProMaxbunkai 05

分解されたパーツ。
左がiPhone XS Max、右がiPhone 11 Pro Max。

カメラとバッテリー駆動時間、あとA13 Bionicチップ、大きな違いはこのあたりですね。

iPhone 11の方はiPhone XRと比べてどうなんでしょうかね?

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー