13インチMacBook Pro 2019が予期せずシャットダウンする問題の解消方法が儀式っぽい

Macbookpro 13inch batteryissue

2019年モデルの「13インチ MacBook Pro」で、バッテリー残量があるのにシャットダウンするという問題が報告されていて、この対策方法をAppleが公開しました。

この症状が確認されているのは、2つのThunderbolt 3(USB-C)ポートを搭載したモデル。

4つのThunderbolt 3(USB-C)ポートを搭載したモデルについては、なぜか大丈夫なようです。

搭載されているバッテリーか、電源周りの不具合でしょうか?
だとしたら、今後、無償修理プログラムが開始される可能性もありそうです。

バッテリー残量があるのに、MacBook Pro (13-inch, 2019, 2つのThunderbolt 3ポート)がシャットダウンする症状を解消する手順

  • MacBook Proのバッテリー残量を90%以下にする
  • 電源アダプターに接続する
  • 開いているアプリを全て終了させる(cmd+Q)
  • MacBook Proの蓋を閉じると、スリープモードになる
  • さらにその状態で8時間以上充電し続ける(!?)
  • 8時間以上充電したら、macOSの最新バージョンにアップデートする(!?)

なんだか儀式みたいですね。

ここまでしても問題が解消されない場合は、Appleのサポートセンターに連絡してくださいとあります。

明らかにバッテリーに何らかの問題を抱えているかのような症状と対策方法なので、無償修理プログラムも来そうな予感。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー