auPayの20%還元、1日上限6,000ポイントに・・・家電はもう無理ぽ

auPayの10億円キャンペーンがスタートして3週目、早くも条件を改変してきました。

2月24日(月)以降、1日の還元ポイントが6,000ポイントまでに設定されます。

AuPay 1day6000yen 03

ステージ1のラスト週となる2月24日(月)は祝日ということで、家電量販店で何か買おうと考えていた人も多いはずですが、1日の還元が最大6,000ポイントになるということは、3万円以上の家電か何かを購入したらそこで終わりということに・・・。

ちょっと無慈悲な仕様変更ですね。

ここで一番問題なのは、1日の上限を6,000ポイントに設定しているにも関わらず、当日終了する可能性もあるということです。

注意書きにも明記されています。

さらに、この1日の上限6,000ポイントは、祝日の2月24日(月)だけじゃなくて今後も続きます。

AuPay 1day6000yen 02

3月2日(月)からのステージ2も同じで、1日の上限6,000ポイント、各ステージの上限3万ポイント。

ステージ2は3週間、ステージ3は1週間のみの開催。
・・・なので、今後も当日終了するようならステージ上限の3万ポイントに達しないまま終わるということも?

AuPay 1day6000yen 01

まさか待望の祝日開催を潰してくるとは・・・
ビックカメラのApple製品売り場の阿鼻叫喚はもう見れないんだね。

こんなことなら、最初から1日の上限を定めておけば良かったのにね。

郵便局でauPayが使える=切手で現金化ができる!なんて多くの人が考えつくことなので、普通なら還元対象外にするんですけど、auPayはちょっとその辺がゆるくて、まさかの還元対象っていう・・・色々と前時代的なサービスでしたね。2000年代前半までのECサイトにあったような抜け穴がある、良く言えば夢のあるサービス。

20%ポイント還元は1日3万円までに

さて、今後のauPayについてですが、1日の上限が6,000ポイントになってしまったので、ポイント還元になる金額は3万円までとなります。

これまでは15万円までだったので、Apple製品や家電製品を購入するのにちょうど良かったのですが、3万円までとなると、SIMフリーiPhone、iPad、Macなどはちょっと厳しめ。

還元目当てで買えるのは、周辺機器やAirPodsくらいでしょうか。
カメラやエアコンなどの家電製品も金額オーバー。

となると、スーパーやドラッグストアなどで日用品や消耗品、食料品の調達にあてるのがいいかも。

Aupay tukaeruomise

auPayが使えるお店は、これ以外にも色々あります。
楽天ペイが使えるお店は、ほぼauPayも使えるので、スーパーや個人店などでも多く導入されています。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited