iPhone 13はiPhone 12S?カメラのモジュールのレイアウトは変わらない説浮上

IPhone12 LiDARScanner 02

つい先日、噂が出た「iPhone 13 Pro」のカメラユニットについて、Jon Prosserが否定的な見解を示しています。

先日の噂では、「iPhone 12 Pro」から1つカメラレンズが増えて、4つのカメラレンズ+LiDARスキャナーのカメラユニットが搭載されるということ、それに伴ってカメラモジュールのデザインが変更されるということが伝えられました。

iPhone 13 Proの搭載カメラ

  • 64MP 広角レンズ:1倍光学ズーム、6倍デジタルズーム
  • 40MP 望遠レンズ:3〜5倍光学ズーム、15〜20倍デジタルズーム
  • 64MP アナモルフィックレンズ:アスペクト比1:2.1
  • 40MP 超広角レンズ:0.25倍光学逆ズーム
  • LiDARスキャナー 4.0

これについて、Jon Prosserは“カメラモジュールのレイアウトは「iPhone 12 Pro」から変わらない”と主張しています。

「iPhone 12 Pro」に搭載されるカメラレンズは3つ。

カメラレンズの数は「iPhone 11 Pro」から変わりませんが、新しくLiDARスキャナーが搭載されることになり、カメラレンズとLiDARスキャナーは正方形のカメラモジュールの四隅に綺麗に配置されると言われています。Jon Prosserは、2021年モデルの「iPhone 13」もこれと同じになる、「iPhone 13」は実質「iPhone 12S」であると主張しています。

カメラモジュールのデザインやカメラレンズのレイアウトは変わらない・・・ということは?

  • カメラレンズ4つでLiDARスキャナー廃止
  • カメラレンズは3つのまま

のどちらかに落ち着くということになります。

ARに必須なLiDARスキャナーをこのタイミングで廃止するとは思えない・・・となると、カメラレンズは3つのままで据え置きということになります。

LiDARスキャナーが小型化されれば、ワンちゃんカメラレンズ4つの配置も可能っぽいですが。どうなるでしょうか?まだまだ先の話なので、今後もこのネタで擦りまくられる予感。

関連するエントリー

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料で!