iPhoneSE 2020とiPhone11、どちらが動画撮影に向いている?(1080p@60fps)

IPhoneSE2020vsiPhone11 camera 01

iPhone SE 2020とiPhone 11、動画撮影に向いているのはどっち?

実際に動画撮影して比較テストを行いました。

iOSの標準カメラアプリで1080p@60fpsで屋外撮影。
内蔵マイクでのステレオ録音になります。

同じA13チップを搭載しているモデルですが、カメラユニットは全く別モノなのでその差がどう出るか。あと内蔵マイクの音質の差もチェックですね。

カメラレンズの違いは、まず画角に現れました。
1つのミニ三脚にマウントしての撮影ですが、これだけ違います。

IPhoneSE2020vsiPhone11 camera 02

iPhone 11は、デフォのカメラでもそこそこ広角。
超広角にするとさらに広範囲を撮影できますが、iPhone SE 2020の方はかなり寄った画角でしか撮影できません。

後付の広角レンズもありますが、とにかく着脱が面倒臭いのと、安物だと隅が黒くなってしまったり湾曲がひどかったりするので、万人にはおすすめできないですね。

IPhoneSE2020vsiPhone11 camera 03

レンズの違いか、色の鮮やかさもiPhone 11の方が良いような感じ。

iPhone 11はレンズが大きいので、薄暗い場所でもそれなりに綺麗に撮影できますが、iPhone SE 2020の方はiPhone 8と全く同じです。

肌を綺麗に見せるスムーススキン補正?はiPhone 11の方しかかかっていないように感じます。iPhone 11でも光の当たり方によっては毛穴までクッキリ!に映ってしまうので、微妙なところですけど。

内蔵マイクの音質は、iPhone 11の方がよく音を拾っている感じ。同じステレオ録音ですが、比較するとやっぱり違いますね。

ただ、強風が吹くとオートゲインで風切り音を拾ってしまうので、屋外での撮影時には注意が必要です。

手ブレ補正については、明るい場所だと同じくらいのように感じます。正直、iPhone 11の手ブレ補正も大したことは無いですし。どっちもどっちな印象。

動きながら撮影するのなら、ジンバルに取り付けるかGoProを使う方が絶対安定します。

というわけで、動画撮影ならiPhone 11の方がワンランク上
カメラレンズの違いはAI補正では覆せないということが分かりました。

関連するエントリー

 Rakuten UN-LIMIT

先着300万名を対象に1年無料の楽天モバイルRakuten UN-LIMIT。楽天回線エリアならデータ通信使い放題、電話かけ放題。パートナーエリアでも月5GB、さらに超過後でも1Mbpsの速度で通信できます。