新型iPhone SEのLEDライトはiPhone 11よりも明るい

IPhone11vsiPhoneSE2020 LEDcomparison 01

新型iPhone SEを使っていてふと気づいたのが、LEDフラッシュライトがiPhone 11よりも明るいということ。

ナイトモードが使えない代わりに明るいのか?
懐中電灯として使う時には、かなりの違いがあります。

LEDライトユニットはiPhone 11の方が大きいのに、iPhone SEの方が明るい

光の色温度も違っていて、iPhone 11は寒色系なのに対してiPhone SEの方はちょっと暖色系。視認性もiPhone SEの方が上。

ということで、ちょっと比較してみました。

iPhone 11はiPhone SEで撮影、iPhone SEはiPhone 11で撮影。

だから、(暗い場所でも明るく撮れるiPhone 11を使って撮った)iPhone SEの方が明るくなるのは当然・・・と思われるかもしれませんが、肉眼でもはっきりわかるくらい明るさに違いがあります。

IPhone11vsiPhoneSE2020 LEDcomparison 02

(左:iPhone 11、右:iPhone SE)

iPhone 11の方は明るさを最大にしてもぼやーっとしていますが、iPhone SEの方はクッキリ!と対象物を照射できています。

iPhone SEは、いかにもLEDライトっていう感じ。

単純に懐中電灯として使うなら、iPhone SEの方がいいですね。

LEDライトユニットをチェックする

この違いを生み出しているのはLEDライトユニット。

ということでチェックしてみると、iPhone 11はLEDが2個なのに対して、iPhone SEの方は4個搭載されています。LED自体の大きさはiPhone 11の方が大きいですが、懐中電灯モードで点灯するのは、iPhone 11が1個なのに対してiPhone SEは2個点灯します。

また、iPhone 11の方はLEDライトのカバーが半透明になっていますが、iPhone SEは透明になっています。

こういう違いが明るさに出ているんですね。

IPhone11vsiPhoneSE2020 LEDcomparison 05

iPhone 11のLEDユニット。
大きめのLEDが2個上下に配置されています。

IPhone11vsiPhoneSE2020 LEDcomparison 04

懐中電灯モードでは1個のみ点灯します。

カバーは半透明で光の拡散は穏やか。
目にもちょっとやさしい感じです。

IPhone11vsiPhoneSE2020 LEDcomparison 06

iPhone SEのLEDユニット。

4個のLEDがあり、懐中電灯モードでは上の2個が点灯します。

カバーは透明でLEDの光がモロに出る目潰し仕様。
確かに明るさはこちらの方が上ですが、人や動物に向けて使わないほうがいいでしょうね。

関連するエントリー

 本を聴くAudible 1冊無料体験

耳を使って本を読むAudible。俳優や声優による書籍の読み上げサービスです。スマホでワイヤレスイヤホンで、本の内容を目を使わずに。移動中にも。