2回に分けて発売のiPhone12、10月は6.1インチ2機種、5.4インチと6.7インチは12月に登場

IPhone 2020modelrumor

例年よりも1ヶ月遅れで発表されるというiPhone 12シリーズ。

登場時期については、10月と12月の2回に分けて発売されると言われています。

この情報はロイターの記事によって伝えられましが、その記事では、4機種ある内のどのモデルが10月発売で、どのモデルが12月発売になるのか?については一切言及されていませんでした。(というか、iPhoneであることも伏せられていました)

その気になる点について、今回、サプライチェーンからの情報を伝えるDIGITIMESの記事で明らかにされています。

まず、10月に登場するモデルは6.1インチの2機種。

  • 6.1インチ iPhone 12 Max(Plus)
  • 6.1インチ iPhone 12 Pro

どちらも大きさは同じですが、iPhone 12 Max(Plus)の方はデュアルカメラのミッドレンジモデル、iPhone 12 Proの方はトリプルカメラにLiDARスキャナー搭載のハイエンドモデルとなります。

そして12月に登場するモデルは、5.4インチと6.7インチの2機種。

  • 5.4インチ iPhone 12
  • 6.7インチ iPhone 12 Pro Max

5.4インチ iPhone 12は今回一番注目のモデルで、iPhone SE 2020よりも小さいボディに5.4インチ有機ELディスプレイ、Face ID、デュアルカメラを搭載。6.7インチ iPhone 12 Pro Maxは過去最高サイズのiPhoneとなり、iPad ProのようなSmartConnector搭載の噂もあるモデルです。

今回、初めて2回に分けて発売されることになる新型iPhone。

SoCやカメラの性能は、10月に登場する6.1インチの2機種で明らかになるので、12月発売の2機種についてはそれほど注目は集まらないでしょう。

iPhone SE 2020から5.4インチiPhone 12への買い替えを検討している方も多いかと思いますが、12月発売ということで、まだしばらく待つことになります。

関連するエントリー

 Rakuten UN-LIMIT

先着300万名を対象に1年無料の楽天モバイルRakuten UN-LIMIT。楽天回線エリアならデータ通信使い放題、電話かけ放題。パートナーエリアでも月5GB、さらに超過後でも1Mbpsの速度で通信できます。