iOS版FortniteがApp Storeから削除された理由は30%の手数料が原因

Fortnite appstorereject

Epic Gamesの人気タイトル「Fortnite(フォートナイト)」が、App Storeから削除されました。

新規でダウンロードすることができないので、今後はアプリのアップデートもできませんし、一度削除してしまうと再ダウンロードもできなくなります。

こうなった原因はというと、Epic Games側がApp Storeの手数料を30%から20%に割引するようにApple側と交渉していましたが、これが決裂。納得のいかないEpic Gamesが独自の課金システムをアプリに導入したところ、App Storeの規約違反にあたるとして「Fortnite」がApp Storeから削除されたという流れになります。

そりゃ削除されるでしょうねって感じのニュース。

そもそも、30%という手数料は高いのでしょうか?
そこが気になりますよね。

30%の手数料は高いか妥当か?

Appleが提供するApp StoreとGoogleが提供するGoogle Playでは、販売したアプリの売上の70%を開発者が、30%をプラットフォーム側が手数料という形で徴収する契約になっています。

  • 1,000円のアプリが売れた場合:700円が開発者の収益、300円が手数料となる

App Storeだけが高いというわけではなく、スマホのアプリストアとしては標準的な手数料となります。

注目度の高いプラットフォームで販売できて30%の手数料なら条件はそう悪くないと思うのですが、Epic Gamesはそうではなかったということです。

自社プラットフォームでやりたいEpic Games

「Fortnite」はPCゲームとしても配信されていますが、そちらでもSteamというプラットフォームから脱して、Epic Gamesの独自プラットフォームとなるEpic Gamesストアを作って配信するようになっているので、その流れからしても、本当は自社のプラットフォームでやりたいという狙いがあるようです。

iOSアプリはApp Storeを通さないと販売できない→でも、30%の手数料は高い→20%に値引きもしてくれないみたい→それなら、アプリ内課金だけ自社のシステムでやろう!→AppleにバレてApp Storeから削除される

Apple側からするとEpic Gamesだけを手数料20%にすることはできないし、規約違反でアプリを削除するのは当然の措置。例え意見の相違があったとしてもプラットフォーム側に従うのは仕方のないことだと思いますけど、Epic Gamesはバックが巨大企業だからか強気ですね。

Epic Gamesというとアメリカのゲーム会社だと思っている人が未だに多いですが、今現在は中国企業テンセントの傘下になります。あの「Unreal」や「Gears of War」を作ったクリフ・ブレジンスキーもとっくに退社していて、名前は同じEpic Gamesでありながら、今は全く別のゲーム会社です。「Fortnite」がいかにも中国向けのゲーム(PUBGや荒野行動みたいな感じ)なのも、テンセント傘下という事が強く影響しています。

そういう点から今回の一件を、米国企業VS中国企業と見ることもできます。

ゲームよりも、この揉め事がどう転ぶかの方が面白そう。

関連するエントリー

 今売れてます!Fire TV Stick

テレビのHDMI端子に接続してwifiにつなぐだけでPrime Video、YouTube、Hulu、Netflix、Apple TV、AbemaTV、DAZN、dTVなど、豊富な映画やビデオを大画面で楽しめる。