iOS 14.2では、Shazamのミュージック認識が追加される

IOS14 3 shazam controlcenter 06

iOS 14の正式リリースと同時にiOS 14.2のベータ版がリリースされていました。

今回のバージョンからの新機能として、Shazamを使ったミュージック認識機能が使えるようになっています。Shazamは音楽認識サービスとして人気のアプリで、かなり前にAppleが買収したと伝えられていました。iOSの機能としてやっと組み込まれた形になります。

IOS14 3 shazam controlcenter 03

ミュージック認識機能は、コントロールセンターから使うことができます。

今かかっている曲がどんな曲か?
一発で分かります。

ミュージック認識機能を使うには、設定 > コントロールセンター からミュージック認識を追加します。

IOS14 3 shazam controlcenter 01

コントロールセンターを開くとアイコンが追加されているので、それをタップしましょう。

IOS14 3 shazam controlcenter 02

今、かかっている曲が認識されます。

曲名とアーティスト名が通知で表示され、それをタップするとShazamで開かれます。

Shazamのアプリをインストールしている場合はそのアプリで、していない場合はブラウザでShazamのサイトが開かれるようになっています。

IOS14 3 shazam controlcenter 05

かかっている曲がわかってもShazamで聞けるのはごく一部のみ。

フルで聞くにはApple Musicで!という感じで誘導されます。

というわけで、なかなか囲い込みが凄まじいiOSの新機能でした。

Apple Musicに登録するかしないかは置いておいて、テレビや映画でかかっている曲を調べるのには便利でしょうね。

関連するエントリー

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。