iOS 14.2より、iPhone 8以降の全モデルが1080pのFaceTimeビデオ通話をサポートしていた

IOS14 2 FaceTime1080p 03

iOS 14.2へのアップデートによって、iPhone 8以降のモデルでFaceTimeを使ったビデオ通話の品質が720pから1080pへと向上していることが発見されました。

これは、iOS14.2のリリースノートには記載されていない新機能となります。

え?今更って感じですけど、つまり、ほとんどの人が気づかなかったということですよね。

720pと1080pの違いに。

iOS 14.2のアップデートによって1080pでのFaceTimeビデオ通話が可能になったのは、iPhone 8以降の全モデル。

TrueDepthカメラを搭載していない「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone SE 2」でも1080pに対応しています。

FaceTimeビデオ通話で1080pが可能なモデル

  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE 2
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11
  • iPhone XS Max
  • iPhone XS
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8

IOS14 2 FaceTime1080p 01

「iPhone 8」や「iPhone SE 2」のフロントカメラはビデオ撮影なら1080p@30fpsに対応しているので、FaceTimeビデオ通話でも1080pは可能なはずだったんですが、何らかの理由であえて720pまでに制限されていました。iOS 14.2からはその制限が解除され、1080pでのビデオ通話が可能になったというわけです。

IOS14 2 FaceTime1080pvideo 01

ただし、使えるのはWi-Fi接続時のみ。

IOS14 2 FaceTime1080pvideo 02

iPhone 12シリーズのみ、5G経由でのFaceTimeビデオ通話(1080p)に対応しています。

正直、スマホの画面だと、720pでも1080pでも大して変わらないけどね。

むしろ、解像度がそこそこ低いほうがスムーススキンになって顔面が綺麗に見えるまであるし。

関連するエントリー

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。