YouTubeの税務情報の提出を済ませた、マイナンバーと住所の入力くらいで完了!

Youtube shueki zeimujouhou 01

YouTubeから収益に関する重要なメールが届いていました。

重要みたいな題名のメールが来ると「どうせ良くない知らせでしょ・・・」と思ってしまいますが、今回のメールもちょっと面倒な作業が必要になりそうな内容でした。

源泉徴収税の控除の為に、税務情報を5月31日までに提出してねという内容です。日本在住のクリエイターの場合、税務情報を提出すれば収益から差し引かれることはありませんが、提出をしない場合は、収益から最大24%が税金として差し引かれる可能性があるということで、何が何でも提出しないとヤバい内容となっています。

税務情報の提出にはマイナンバーが必要となります。

必要なのはマイナンバーの数字だけなので、マイナンバーカードを作っていない人でも、マイナンバーを作る前段階であったペラペラのあの通知カードに記載されているマイナンバーを入力すればOKです。

YouTubeチャンネルを収益化している人には、このメールや通知が届いているはずです。

マイナンバーとYouTubeが紐付けられる事に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、収益化している以上は納税の義務が発生するので、どっちみちマイナンバーとは紐付くものとして受け入れましょう!

Google への税務情報の提出

  1. Google AdSenseアカウントにログイン。
  2. お支払いに進む。
  3. 設定を管理するに進む。
  4. 米国の税務情報の横にある編集アイコンをクリック。
  5. 税務情報の管理に進む。
  6. 必要項目を入力する(所要時間は10〜15分ほど)

名前や住所をローマ字入力してマイナンバーを入力、後はチェックボックスにチェックを入れていくだけと特に難しいポイントはありませんが、一部ちょっと分かりづらいポイントがありました。

なので、スクリーンショットを交えて流れをお伝えします。

Googlezeimujouhou teisyutsu 11

個人なので個人
米国民じゃないのでいいえ
米国外の個人なのでW-8BENを選択しました。

Googlezeimujouhou teisyutsu 10

納税者番号の入力。

名前はローマ字で入力。
プルダウンメニューから国を選択します。

Googlezeimujouhou teisyutsu 09

外国の納税者番号(TIN)としてマイナンバーを入力します。

マイナンバーカードの裏側にある数字です。

Googlezeimujouhou teisyutsu 08

国を選択。
郵便番号を入力。
都道府県を選択。

市区町村番地までの住所はローマ字で入力します。

入力例

なんとか市なんとか町1919番地

市区郡:Nantoka-shi
住所1:Nantoka-cho
住所2:1919

Googlezeimujouhou teisyutsu 07

租税条約は米国外なのではい
日本を選択。

Googlezeimujouhou teisyutsu 06

特別な料率や条件という項目。

この税務情報の提出自体がYouTubeに関するものなので、該当するものにチェックを入れます。

Googlezeimujouhou teisyutsu 05

3つ全てにチェックを入れて、米国外なので源泉徴収率は0%を選択。

入力はここまでです。

Googlezeimujouhou teisyutsu 04

入力内容のプレビューをチェックして問題無ければ、誓約のチェックを入れます。

Googlezeimujouhou teisyutsu 03

最後に署名の入力。
ここもローマ字で入力します。

Googlezeimujouhou teisyutsu 02

最後の最後に、米国内で活動しているか否かの最終確認があります。

自分は日本国内のみなので、いいえにチェックを入れて進みます。

これで税務情報が提出されます。

Youtube shueki zeimujouhou 02

それからすぐに、承認されましたメールが届きました。

税務情報を確認してみると・・・

Googlezeimujouhou teisyutsu 01

ステータスが承認済みになり、源泉徴収税率は0%になっています。

提出後、YouTubeの上部にあったピンク色の「税務情報提出しろ」メッセージが消えました。

関連するエントリー

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。