Apple純正MagSafeバッテリーパックの容量は1460mAh、iPhoneと同時充電にも対応

AppleMagSafeBatteryPack 02

Apple純正のMagSafeバッテリーパックが登場しました。

iPhone 12シリーズの背面にピタッと吸着させるだけで充電ができるバッテリーパックで、単体でのワイヤレス充電は最大5W。ですが、バッテリーパックを20W以上のUSB-C電源アダプタとUSB-C - Lightningケーブルに接続することで最大15Wのワイヤレス充電が可能です。

この際、バッテリーパックとiPhoneは同時充電されるようになっています。

価格は、11,800円(税込)。

バッテリーパックのデザインはごくごくシンプル。

背面にはAppleロゴがあり、iPhoneに吸着させた状態でちょうどいい場所にAppleロゴが来るように計算されています。

AppleMagSafeBatteryPack 03

バッテリーパックの容量は1460mAh(7.62V, 11.13Wh)。

一般的なモバイルバッテリーと比べると、かなり少なく感じますが、iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 miniなら1回フル充電ができる容量があります。

バッテリーパックをiPhoneに吸着させた状態でバッテリーパックにLightningケーブルを接続すると、iPhoneとバッテリーを同時に充電することができます。20W以上のUSB-C電源アダプタを使用すれば、最大15WでiPhoneを充電しながらバッテリーパックも充電することができます。

逆に、バッテリーパックを吸着させた状態でiPhone側にLightningケーブルを接続しても、両方に充電することができます。

AppleMagSafeBatteryPack 04

iOS 14.7以降では、ウィジェットにバッテリー容量が表示されます。

それは、まあいいんですが・・・

ここでもiPhone 12 miniちゃんの悲劇が・・・

AppleMagSafeBatteryPack 01

miniにはデカ過ぎる!

ギリギリはみ出ていないようで、実ははみ出ているかもしれない絶妙な大きさ。

これって、もしかして・・・miniがなければ、バッテリーパックをもう少し大きくできた?

関連するエントリー

 本を聴くAudible 1冊無料体験

耳を使って本を読むAudible。俳優や声優による書籍の読み上げサービスです。スマホでワイヤレスイヤホンで、本の内容を目を使わずに。移動中にも。