2022年登場の新型MacBook AirはミニLEDに複数カラー、価格はどうなる?

Newmacbookair m1xrumor

2022年に登場する新型MacBook Airについて、アナリストのMing-Chi Kuo氏のレポートによると、新設計される筐体のデザインは、秋に登場が予定されているM1X MacBook Proと同じ仕様になるということです。

かなり似たデザインになるということで、2022年に登場するMacBook Airを予想するには、秋に登場するM1X MacBook Proを参考にすると良いでしょう。

  • 新設計された筐体
  • M1X MacBook Proと似たフラットなデザイン
  • M1 iMacのようなカラーバリエーション
  • ミニLEDディスプレイ(BOE製)を搭載
  • 電源供給用にMagSafeポートを搭載

エントリーモデルにあたるMacBook Airでは、価格も気になるポイントです。

一体、おいくら万円で登場するのか?

Ming-Chi Kuo氏によると、新型MacBook Airが現行のM1 MacBook Airと置き換わる形でリリースされた場合、販売価格は現行のM1 MacBook Airと同等に設定されるだろうと予想されています。

そうなった場合は、最新スペックのモデルを安価に購入できることになります。

逆に、M1 MacBook Airと新型MacBook Airが併売されることになった場合は、新型MacBook Airの価格がより高く設定されるか、M1 MacBook Airが価格改定で値下げ販売されると予想されています。

MacBook Airという製品の立ち位置からして、前者(現行モデルとの置き換えで価格そのままで登場)の可能性が高そうですが、どうなるでしょうか?

また、ミニLEDディスプレイの製造元はMacBook ProとAirで異なり、M1X MacBook AirのミニLEDディスプレイはLGとSHARP製、新型MacBook AirのミニLEDディスプレイは中国のBOEが製造していると伝えられています。

関連するエントリー

楽天モバイル