DJI廉価版ドローンMini SEを発売、Mini 2のガワにMavic miniの性能で299ドル

DJI MiniSE 01

DJIより、廉価版ドローンのMini SEが登場しました。

6月にカタログごとリークされていたモデルで、3軸ジンバルカメラを搭載していながらも299ドルという安価で提供されるということで、DJIのドローンとしては最安モデルになります。

Mavic MiniをそのままSEにしたものではなく、本体のガワはMini 2と同じで、カメラ部分や内部パーツはMavic Miniと同じというスペックになっています。なので、パッと見ではMini 2と見分けがつきません。

DJI MiniSE 03

Mini SEのスペック(北米版)

  • サイズ:138 × 81 × 58 mm
  • 重さ:249g
  • カメラ:1/2.3" CMOS, 12MP
  • ビデオ撮影:2.7k@30fps, 1080p@60fps
  • 写真撮影:4000 x 2250, 4000 x 3000, JPEGフォーマット
  • 最高速度:13m/s
  • 飛行時間:30分(日本仕様のバッテリーではもっと短くなる)
  • 伝送システム:Wi-Fi
  • 最大伝送距離:4km
  • 耐風性能:レベル5

基本設計はMini 2と同じですが、パフォーマンスはMavic Miniと同じということですね。

4Kビデオ撮影はできないけど1080pなら60fpsで撮影可能、3軸ジンバルでブレの無いきれいな映像を撮影できます。ボディはMini 2と同じなので耐風性能は同じ。

DJI MiniSE 02

撮影モードはドローニー, サークル, ヘリックス, ロケットに対応。

日本仕様の発表はまだですが、199gであれば飛行時間は18分となります。

関連するエントリー

楽天モバイル