au障害のお詫びでpovo 2.0の1GBコードが届いてた

当サイトの記事には広告が含まれます。

Povo owabi 1gb

povoから、お詫びの1GBプロモコードが届いていました。

2022年7月2日 (土) 1時35分より、3日間にわたり発生していたauの通信障害のお詫びとしてのデータトッピング1GBだそうです。

au、UQ mobile、povo 1.0のユーザーに対しては、返金という形で対応。povo 2.0のユーザーに対しては、基本使用料が0円であることから、返金ではなくデータトッピング (1GB/3日間) を進呈することで補償するという対応になっています。

はるか昔のガラケー時代、auが個人情報を漏洩させた時のお詫びは500円だったように記憶しているので、今回の補償ならこれは妥当点かなぁ〜と思うのは、自分がpovo 2.0をメイン回線として使っていなかったからで、もしpovo 2.0をメイン回線として活用していたなら、納得していなかったかも。

データトッピング (1GB/3日間) の進呈は、8月31日までにEメールにてご案内します。 Eメールの本文に記載されている「プロモコード」をpovo2.0アプリよりご入力のうえ、ご利用ください。

今回の騒動で感じたのは、やはりスマートフォンの回線は複数契約しておいたほうが良いということでした。

同じキャリアの回線ではなく、別々のキャリアで複数回線を契約しておく。キャリアを分けておけば障害発生時にも強いですし、山間部などの電波が届きにくい場所でも対応できたりします。

最近のiPhoneはSIMカードとeSIMでのデュアルSIMに対応しているので、1台だけでも複数回線が持てるようになっています。iPhone 13ではデュアルSIMにも対応しているので、SIMカードトレイを出す必要もありません。

格安プランやサブブランドも豊富にあるので、複数回線を持つ敷居もグッと下がりました。

関連するエントリー

PR

Y!mobile