iOS 16で簡単になったeSIMの転送機能(機種変更)

当サイトの記事には広告が含まれます。

Ios16 release logo

iOS 16の正式リリースに合わせて、povoから「eSIMの再発行のお手続き」というメールが届いていました。

内容は、iOS 16で使えるようになったeSIMの転送機能への対応と、その方法を記したもの。

読んでみると、iOS 16では、設定メニューから別のiPhoneへeSIMの転送が簡単にできるようになっていて、移行の際にeKYCで本人確認を行う必要も無くなった(以前はあったのか!)ということです。

要は、別のiPhoneへeSIMを移動させるときに、かなり便利になったということですね。

そういえば、そんな設定があったような気がする。

今後、物理SIMカードの代わりにeSIMが主流になるのは確実なので、今のうちに慣れておいたほうがいいのか?ちょっとチェックしてみよう。

Povo esimquicktensou

物理SIMカードの場合は、SIMカードを入れ替えてプロファイルをダウンロードして再起動するだけで移動させることができましたが、eSIMの場合はそれが行えないので、eSIMを再発行する手続きをとります。そこがeSIMの面倒臭い点の1つでしたが、iOS 16ではかなりスムーズに行えるようになっています。

このeSIM転送機能は、iPhone 8以降のモデルでiOS 16を適用している場合に利用できます。

IOS16 eSIM Quicktensou 02

移行するには、eSIMを使いたい側のiPhone(転送先)から操作します。

  1. 設定 > モバイル > eSIMを追加
  2. 近くのiPhoneから転送

IOS16 eSIM Quicktensou 01

別のiPhoneに「電話番号を転送」という表示が出るので、続けると検証コードが表示されます。

  1. 検証コードを、eSIMを使いたい側のiPhone(転送先)に入力
  2. 別のiPhoneから転送を選び、eSIMプロファイルをダウンロード
  3. 転送完了

povoの場合は、発信テスト用番号(111/通話料無料)に電話をかけて開通したかを確認できます。

慣れると、eSIMの方が簡単かもね。

関連するエントリー

PR

U-NEXT