WWDC23でM2 Ultra搭載のMac Studioが発表か、Mac Pro用に開発されたSoC

当サイトの記事には広告が含まれます。

Wwdc23 m2ultra macstudio

日本時間で6月6日の午前2時に開催されるWWDC 23では、XRヘッドセットの「Reality Pro」と「xrOS」の発表がメインとされていますが、新しいMacも複数モデルが発表されます。

これまでに噂となっている15インチのMacBook Airに加えて、ハイエンドモデルとして新しいMac Studioも登場するようです。Bloombrgの記事によると、M2 UltraチップM2 Maxチップを搭載するハイエンドデスクトップモデルが開発中で、WWDC 23で発表されるといいます。

M2 Ultraチップには最大24コアCPU最大76コアGPUが搭載され、M2 Maxチップよりも遥かに高性能なハイエンドチップとなります。

M2 Ultraチップは新しいMac Pro向けに設計・開発されていたSoCですが、WWDC 23で登場するハイエンドデスクトップMacにはM2 Macチップ搭載モデルもあるという点から、WWDC 23で発表されるのは新しいMac Proではなく新しいMac Studioになると予想されています。

M1ultra benchscore

(参考:M1 Ultraのベンチマークスコア)

M1 Ultraチップ

  • 最大20コアCPU
  • 最大64コアGPU
  • 400GB/sのメモリ帯域幅

M2 Ultraチップ

  • 最大24コアCPU
  • 最大76コアGPU

WWDC 23で発表されるMac

  • 15インチMacBook Air(M2チップ搭載)
  • 新しいMac Studio(M2 Mac / M2 Ultraチップ搭載)

また、今後登場するMacとしては、3nmプロセスで設計されたM3チップを搭載する13インチMacBook Airと13インチMacBook Proが開発中で、ゆくゆくは、15インチMacBook AirにもM3チップが搭載されることになっています。

関連するエントリー

PR

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。