16コアCPUのM3 Maxのベンチマークスコア、24コアのM2 Ultraとほぼ同等

当サイトの記事には広告が含まれます。

AppleM3Max BenchmarkScore 1

M3チップに続いて、M3 Maxチップを搭載するMacBook Proのベンチマークスコアが公開されはじめました。

M3 Maxチップは現状ではM3ファミリーの中で最も高スペックなチップとなり、最大構成では16コアCPUを内蔵しています。これは、M3チップの2倍のCPUコアを内蔵していることになります。

マルチコア動作時のスコアは20800前後で、一番良いスコアで21084

このスコアは24コアのM2 Ultraチップを搭載するMac Studioとほぼ同じです。16コアで24コアのベンチマークスコアとほぼ同じという結果は、3nmプロセスのたまものでしょう。間違いなくMacでトップクラスのパフォーマンスであることが分かります。

M3チップのスコアと比較すると、シングルコア動作時は同じで、マルチコア動作時のスコアはM3チップよりも約1.8倍高い結果となります。

AppleM3Max BenchmarkScore 3

CPUコア単体は同じもの。そしてコア数が2倍に増えているので、そのまんまの結果です。

AppleM3Max BenchmarkScore 2

この結果は、CPUのベンチマークになります。

実際に作業を行った場合は、搭載されているRAMやメモリ帯域幅の差があるので、ベンチマークスコアの結果以上にパフォーマンスの違いを感じられるでしょう。

関連するエントリー

PR

 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI

3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、20GBからは無制限で3,278円の神プラン!楽天回線エリアならデータ通信使い放題、電話かけ放題。