AirPlay非対応でも画面ミラーリングでMacに映せばいいじゃない

当サイトの記事には広告が含まれます。

AirPlay mirroring 02

iOS for Twitterのアプリがアップデートされて、ビデオ再生時にAirPlayをサポートしたということで、早速試そうとしたところ、ビデオ再生のAirPlayを使うにはApple TVまたはAirPlay対応テレビが必要となっていました。

そういえば、素のAirPlayってそういう制限があったっけ。

でも、Macがあればあんまり関係なかったりします。

iPhoneやiPadからは画面ミラーリングが使えるので、その機能を使えば、アプリがAirPlayに対応していようがいまいが、Macに接続したディスプレイで視聴することができます。

AirPlay mirroring 01

使い方は、コントロールセンターにある画面ミラーリングのアイコンから接続したいMacを選ぶだけ。

画面ミラーリングでは、iPhoneまたはiPadの画面がMacでも同期して表示され、映像も音声もMacで再生されます。Macがマルチディスプレイに接続されている場合は、Macのプレイヤーにある画面アイコンから表示するディスプレイを選択できます。

また、動画だけじゃなくアプリやWebサイトごとミラーリングできるので、使い方次第では、かなり便利なこの機能。Macがあるなら、うまく活用していきましょう。

Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

 Fire TV Stick

関連するエントリー

PR

U-NEXT