iPhone 15 Pro Maxのカメラレンズはガラスとプラスチックのハイブリッドだった

当サイトの記事には広告が含まれます。

Iphone15promax camera

アナリストのMing-Chi Kuoさんが、スマートフォンのカメラレンズの主要サプライチェーンのこれからの動向についてのレポートを公開。その中で、iPhone 15 Pro Maxのカメラレンズについても言及しています。

その中で、iPhone 15 Pro Maxのカメラには従来のガラスではなくガラスとプラスチックのハイブリッドレンズが採用されているということが伝えられています。

ガラスとプラスチックのハイブリッドレンズが採用されたスマートフォンは、iPhone 15 Pro MaxとHuawei P70 Artの2モデルで、どちらもメーカーのフラッグシップモデルとなることから、ハイブリッドレンズは今後のスマートフォンカメラのトレンドになる可能性が高いと予想されています。

ガラスとプラスチックのハイブリッドレンズのメリットは「変形に強い」こと。デメリットは「コストが高い」こと。

というわけで、しばらくはハイエンドモデルから採用が進むとみられます。

関連するエントリー

PR

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。