GoProのクラウドストレージが改悪、GoPro以外のビデオを無制限対象から外す

当サイトの記事には広告が含まれます。

Gopro subscriptions premiumplus 3

GoProから、macOS向けにGoPro Quikがリリースされました。

GoPro Quikを使えば、GoPro HEROシリーズからビデオのインポート、ハイライトビデオの自動作成、シンプルなビデオ編集などが行えるようになります。

それと同時に、GoProサブスクリプションのクラウドストレージに変更が加えられました。

従来のPremiumプランとは別にPremium+プランが追加され、GoPro以外で撮影したビデオのアップロードが無制限ではなくなりました。

Gopro subscriptions premiumplus 1

  • Premium6,000円 / 年):GoPro以外のビデオは25GBまで
  • Premium+16,000円 / 年):GoPro以外のビデオは500GBまで

これまでは、GoPro以外で撮影したビデオファイルでも無制限でアップロードすることができていたので、それを考えると制限が大幅に強化されたという印象です。

実は、GoProサブスクのクラウドストレージの機能制限については、以前より噂がありました。

昨年、GoPro.comで一時的に同様の告知が表示されたことがあったからです。

しかし、その時は変更は行われず告知もすぐに消えたことから、ユーザーの反発か何らかの理由によって見送りになったと思われていました。

Gopro subscriptions premiumplus 2

一部のユーザーがビデオファイルをアップロードしまくった結果、サーバーと回線を専有する形になり制限強化や値上げが行われるというのは、無制限を謳ったクラウドストレージでお約束となっているムーブですが、GoProサブスクのクラウドストレージでもやっぱりこうなりますか。

GoPro以外で撮影したビデオファイル、例えばiPhoneで撮影したビデオなどがそれに該当します。あとはライバルとなるInsta 360やDJIのカメラとかね。

バックアップのバックアップ用として使えてとっても便利だったので、今回の変更は少し残念ですが、GoProで撮影したビデオはこれまで通り無制限でアップロードできるということで、それほど影響は無いかなという感じですが、場合によってはGoProサブスクを更新しないという選択を取るユーザーも出てくるでしょう。

関連するエントリー

PR

U-NEXT