米議会両院でTikTok禁止法案が可決、最長1年以内にサービス売却か撤退を強制する法案

当サイトの記事には広告が含まれます。

Tiktok vs usgov

先日の下院に続いて、アメリカ連邦議会の上院でも「TikTok禁止法案」が可決されました。バイデン大統領は両院の判断を支持する表明を行っており、ほぼ成立は確実だとみられています。

この法案は、9ヶ月以内(大統領判断で最長1年)にTikTokサービスの売却を完了できなければアメリカ国内でのTikTokを禁止するというもの。アメリカと中国の間ではサービスや製品の規制合戦が繰り広げられていて、TikTokはその中の1つとなります。

米政府:「現在のTikTokは中国企業に所有されていることから、米国ユーザーのデータが危険にさらされる可能性がある」

ByteDance:「TikTokはシンガポールに拠点を置いており、同社は米国の情報を中国に保管していない」

TikTokを運営するByteDanceは、アメリカ国内でTikTokのロビー活動を活発に行っており、2024年に入ってからの3ヶ月間で合計800万ドル以上(CMを含む)を費やしています。

関連するエントリー

PR

U-NEXT