Jailbreakせずに疑似SBSettings?ショートカットアイコンを使った小技

iconproject1.PNG

iPhoneのショートカットアイコンを作成することができるiPhoneアプリ「アイコンプロジェクト(Icon Project)」を使って、Jailbreakアプリの「SBSettings」に似た使い方ができるという小技が紹介されています。

通常、このアプリの使い方は、連絡先から電話やメール・SMS/MMSへ一発アクセスできるアイコンをホーム画面に作成するというものですが、URLショートカット機能を利用すれば、明るさ調節やBluetoothの設定へ一発で飛べるようになります。

あくまで設定画面に飛べるだけで、SBSettingsと同様にアイコンをタップするだけでオン・オフを切り替え・・・というわけにはいきませんが、JailbreakしていないiOSデバイスの使い勝手を向上させる小技としては、なかなか良いのではないでしょうか。

iPhoneアプリを使ったショートカットアイコンの作成

iconproject2.PNG

やり方ですが、まずはテンプレートを使ってアイコンのデザインを決めます。ここでは、一例として明るさ調節のアイコンを作りました。

iconproject3.PNG

デザインを決めたら、アイコンのショートカットを指定します。

URL移動を選択して、作りたいショートカットのパスを入力していきます。パスは prefs:root=○○ という形式になっています。複数のアイコンを作成する際には、Bluetoothキーボードで入力すると便利です。

  • 位置情報サービスprefs:root=LOCATION_SERVICES
  • Wi-Fiprefs:root=WIFI
  • Bluetoothprefs:root=General&path=Bluetooth
  • 明るさ調節prefs:root=Brightness
  • 通知prefs:root=NOTIFICATIONS_ID
  • 機内モード Onprefs:root=AIRPLANE_MODE
  • ネットワークprefs:root=General&path=Network
  • 言語環境prefs:root=General&path=INTERNATIONAL
  • ソフトウェアアップデートprefs:root=General&path=SOFTWARE_UPDATE_LINK

(上記は、使う頻度の高そうな一部を抜粋したものです。全てのパスはCult of Macに掲載されているのでそちらをご参照ください。)

iconproject4.PNG

パスを入力したら作成を行い、作成されたアイコンをホーム画面に追加すると完了です。

階層の深い設定項目のショートカットや、普段から頻繁に使う項目をショートカットしておくと便利ですね。

アイコンプロジェクト(Icon Project)AppStore
バージョン:1.22
価格:¥85

Webサービスを使ったショートカットアイコンの作成

また、これと同様にショートカットアイコンを作成できるWebサービス「IconSettings」もあります。ショートカットの仕方がアイコンプロジェクトに比べてやや不格好ですが、無料で利用できるのと作業の手間がかからないのは魅力的です。

使い方は、iPhoneのSafariからhttp://iphoneza.co.za/IconSettingsにアクセスして、作成したいショートカットをタップ、開かれたページをキャンセルしてホーム画面に追加します。アイコンは自動で設定されます。

iconsettings_1.PNG iconsettings_2.PNG

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited