Apple TV Remoteの電池を交換する

AppleTV Remote CR2032 01

家にある「Apple TV 3」のリモコンで、ボタンを押した時のレスポンスが無い事が多発。どうやら電池が無くなってきたっぽいので、初めて「Apple TV Remote」の電池を交換しました。

今でこそリチウムイオンバッテリー内蔵式ばかりになりましたが、この時代のApple製品は、リモコンもキーボードもマウスも乾電池式なので、自分で交換できる新設設計。

AppleTV Remote CR2032 02

「Apple TV Remote」の電池交換は、まず裏蓋の凹みにコインを差し込んで回して開けます。中にはボタン型電池が入っています。(インドネシア製のパナソニック)

交換する電池は、ボタン型電池として一番ポピュラーな「CR2032」。
ホムセンやスーパー・コンビニでも売っていますが、メーカー品だと結構高いので、自分はAmazonなどで安いものを購入して使用しています。(5個くらいがベスト、10個とかだと使い切るまでに電池が腐っちゃいます)

+を上にして電池を交換、蓋を乗せて時計回りに回せば交換完了です。


B006Q18HBQ
パナソニック CR2032 4個

  • 価格:¥ 480
  • メーカー:Panasonic

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited