AirTagの電池寿命は約2年、CR2032ボタン型電池で交換作業はめちゃ簡単

Airtag denchikoukan 01

Appleによると、AirTagの電池寿命は2年間くらいだそうです。

かなり省エネなんですね。

電池はCR2032という一般的なボタン型電池で、誰でも簡単に交換できるようになっています。CR2032電池はリモコンなどに多用されている事が多いので、100円ショップや家電量販店、スーパー、コンビニなど、どこでも取り扱いがあります。

交換方法もかなり簡単です。

AirTagの電池交換方法

作業としては、裏蓋を開けて電池を交換して、また裏蓋を閉じるだけです。

シンプルなデザインなので、裏蓋を見ただけでは開け方は分かりませんが、Mac miniの裏蓋と同じような構造になっていて、反時計回りで緩めて時計回りで締めることができます。

Airtag denchikoukan 02

  1. 裏蓋を押さえながら、反時計回りに回す
  2. 裏蓋が外れる
  3. CR2032電池を交換する
  4. 裏蓋の爪を本体の凹に合わせてはめ込む
  5. 裏蓋を押さえながら、時計回りに回す

裏蓋を外したら勝手に電池がモコっ!と盛り上がってくるので、かなり交換しやすいです。

この作業を行うのは2年に1回

AirTagの製品寿命がどのくらいあるのかまだ分かりませんが、電池交換ができる構造になっているということで、本体に問題が無ければ長く使うことができそうです。

最新 Apple AirTag

 最新 Apple AirTag

 Apple AirTag用ケース

関連するエントリー

 今売れてます!Fire TV Stick

テレビのHDMI端子に接続してWi-FiにつなぐだけでPrime Video、YouTube、Hulu、Netflix、Apple TV、AbemaTV、DAZN、dTVなど、豊富な映画やビデオを大画面で楽しめる。