iOS版Chrome、レンダリングエンジン変更で描写速度や安定性が大幅向上

Chrome iOS wkwebview

iOS向けのブラウザアプリ「Chrome for iOS」が、バージョン48.0.2564.87(長すぎ)にアップデート。

今回のアップデートにより、レンダリングエンジンが「UIWebView」から「WKWebView」に変更されWebページの描写速度が大幅に向上したようです。また安定性も向上しており、クラッシュ率は70%も低下、JavaScriptの実行速度も大幅に改善されています。

Safariはクラッシュ問題があるので、暫くはChromeを使うのもアリかも。
(それにしてもベストすぎるタイミング・・・)

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited