Microsoft EdgeもAppleシリコンMacにネイティブ対応、ChromeやFirefoxに続き

Edge Canary AppleSiliconARM 01

Firefoxに続き、Webブラウザーの「Microsoft Edge」もAppleシリコンMacにネイティブ対応しています。

現在はカナリアチャンネルという、要はベータ版みたいなバージョンのみでAppleシリコンにネイティブ対応しています。いずれは正式バージョンもAppleシリコンに対応することになります。

これでGoogle Chrome、Firefox、Microsoft Edgeが、それぞれAppleシリコンMacでネイティブに動作するようになりますが、Webブラウザが一瞬で起動して、サクサクキビキビ動作するのは、なかなかにストレスフリー。アプリがネイティブ動作してこそ、AppleシリコンMacの本領が発揮されるというのが良く分かります。

このAppleシリコン対応のMicrosoft Edgeが正式リリースされ、アップデートに反映されるまでは、カナリアチャンネルをインストールすることで、AppleシリコンMacでのネイティブ動作を体験することができます。

利用するには、通常のMicrosoft Edgeとは別アプリの「Microsoft Edge Canary」をインストールする必要があります。

Edge Canary AppleSiliconARM 02

別アプリとして使えるので、これはこれで便利かも?

関連するエントリー

 本を聴くAudible 1冊無料体験

耳を使って本を読むAudible。俳優や声優による書籍の読み上げサービスです。スマホでワイヤレスイヤホンで、本の内容を目を使わずに。移動中にも。