iPhoneの1970日付バグ、DFUモードが使えない場合はバッテリー外しで修復可能

Iphone1970bug fix

iPhoneやiPadの日付を「1970/01/01」にして再起動すると、林檎ロゴの起動画面のままフリーズしてしまう“日付バグ”問題。

興味本位でうっかり試してしまって、DFUモードも効かない(このバグは、機種によってDFUモードが使える場合と使えない場合があるようです)という最悪の状態に陥った際の対処法ですが、バッテリーの接続を外して電源を強制的に落としてやるだけでOKなようです。

分解ツールさえあればかなり簡単な作業なので、リペアセンターに送らずとも、AppleストアのGenius Barやサードパーティのリペア業者に頼めば、サクッとやってくれるでしょう。

てことは、自然にバッテリーがゼロになるまで待つのも同じ?なのかな? 

1970/01/01バグをDFUモードで修復する方法

  1. iOSデバイスをiTunesに接続
  2. 電源ボタン + ホームボタン/Touch IDを長押し10秒
  3. 電源ボタンを離してさらに10秒待つ
  4. バックアップから復元する

直前にバックアップをとっていない場合は直前のデータが消えてしまうので、上記のバッテリー外し方法を用いた方が良さそうですね。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited