アップデートしたくないアプリがある時は、Mac App Storeの通知を無効化しよう

当サイトの記事には広告が含まれます。

Mac App StoreでダウンロードしたMacアプリは、バージョンアップされる度にアップデートの通知が表示され、そこから何時アップデートするかを選択することができます。

アップデートの手間が省かれる非常に便利な機能ですが、世の中にはアップデートしたくないアプリというものもあったりして(例えば、Twitter.appとか)、そんな時には、ありがた迷惑な機能になります。最悪なのが、通知のポップアップで操作を間違えると、勝手にアップデートされてしまうこと・・・。(非常にうっとーしい!)

そんなこんなで、アップデートしたくないアプリがある場合は、通知を無効化しておくのも手です。

MacAppStore Updatenotification 01

システム環境設定 > App Store を開いて。

MacAppStore Updatenotification 02

アップデートを自動的に確認 のチェックを外すだけ。

ただ、これだと他のアプリやOSのアップデートなども手動で確認する必要があるので、こまめにMac App Storeを開いてアップデートの確認を行うようにしてください。

関連するエントリー

PR

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。