cmd+Qを長押しした場合のみアプリを終了、OS X用ユーティリティ「QBlocker」

QBlocker 05

Mac OS Xでアプリケーションを閉じるキーボードショートカット cmd + Q を、長押しした時だけ反応するように変更できるユーティリティ「QBlocker」。

ウィンドウを閉じようとしてバックアップをとっていないのにアプリを終了させてしまったとか、処理中に終了させてしまったといった“うっかりミス”を防ぐのに効果があるかも?

QBlocker 01

インストール後は、まずセキュリティとプライバシーの設定を行います。

QBlocker 02

鍵アイコンをクリックしてロック解除。
+からQblocker.appを追加します。

QBlocker 03

これで動作するようになります。

QBlocker 04

Exclude Apps に追加したアプリのみ、通常の cmd + Q で終了するように設定できます。

上手く使いこなせば便利かも。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited