AppleとFoxconnが70億ドル投資で米国にディスプレイ製造工場、最大5万人を雇用

Apple display

先日、トランプが大統領に就任したばかりですが、早くも、Foxconnが一部の製造工場をアメリカに移す動きを見せています。

Nikkei Asian Reviewが報じたもので、Appleと共同で70億ドルを投資してディスプレイの製造工場を設立する検討を行っているとのこと。Appleはこのディスプレイ製造工場だけで、3万人〜5万人の雇用を創出するとしています。

この工場でiPhone向けのディスプレイが製造されるのかについては、今のところ不明ですが、大型のディスプレイに関しては「中国で製造してアメリカに輸送するよりも、現地で製造する方が良い」という言及があることから、Apple純正のディスプレイがMade in USAで復活する可能性も考えられます。

もし、iPhoneがアメリカで製造されることになったら、製造コストの増加による販売価格の上昇は免れません。今やAppleの主力産業となっているiPhoneの製造拠点が、そう簡単にアメリカに移ることは無さそうです。

AppleもFoxconnもその辺を考慮して、ディスプレイ製造工場を作ることで大量の雇用を創出し、一応のアメリカファーストを実践してトランプから(^^)\(゚゚)されてお茶を濁すつもりか・・・とも考えられますね。

といっても、あのトランプが大統領になってしまう時代ですから、iPhoneの製造拠点がこの先どうなるかは、アナリストでも予測出来なさそうです。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー