iOS 11.2より、コントロールセンターでWi-FiやBluetoothをOFFにするとメッセージ表示

Ios11 2 popupalart

今後リリースされる「iOS 11.2」では、コントロールセンターでBluetoothやWi-FiをOFFにした際にアラートメッセージが表示されるようになります。

これは「iOS 11.2 ベータ3」から実装されたもので、「iOS 11」からの仕様変更を伝える内容となっています。

「iOS 11」以降では、コントロールセンターからWi-FiBluetoothOFFにすると、Wi-Fi接続やBluetoothアクセサリからは切断されますが、完全にOFFになるわけではなく、AirDrop、AirPlay、Apple Pencil、Apple Watch、位置情報サービスなどはそのまま利用できる状態になります。

自動解除される条件

  • 午前5時になる
  • デバイスを再起動する 
  • 新しい場所に移動する(Wi-Fiの自動接続がONになる)  

この仕様変更は、Appleサポートのページにひっそりと記載されていただけで、知らない人も多かったのでこのアラートメッセージはうれしいですね。・・・いや、別にうれしくはないか。

関連するエントリー