ソフトバンクのiPhoneを再利用「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」を契約してみた

B mobile S 07

SIMロックを解除していない(というかできない)ソフトバンクの古いiPhoneで使えるSIMカード「b-mobile S 990 ジャストフィットSIM」を契約してみました。

ソフトバンクの4G LTE回線で、キャリア表示はソフトバンクのまま。通話も可能でMNPなら電話番号もそのままというMVNOです。上手く使えば月額990円で電話番号を維持しつつ運用できますが、データ通信が1GBを超えると、1GBにつき500円を自動おかわりしていくのでちょっと注意が必要です。

申し込みの注意点とか

申し込みはb-mobile Sのサイトから行いました。
申し込みには、本人確認書類とクレジットカードが必要です。

「JNB Visaデビット」でも通りましたが、オーソリ(クレジットカードに支払い能力があるかのチェック)で5,932円を引き落とされるので注意。返金が遅いようで、3日たった現在まだ返金処理がされていません。

初期手数料は3,240円です。

Webで申し込んで2日ほどで手元にSIMカードが届きました。(クロネコヤマト)

 b-mobile オンラインショップ

SIMカードの切り替えなど

B mobile S 01

My b-mobileにログイン。
MNP回線切替えボタンを押してMNPを申し込みます。
申し込んだ時間帯によって切り替えまでの時間が変わってきます。 

  • 11:00〜20:00までの申し込み: 1時間以内に切り替え
  • 20:00以降に申し込み:翌日午前12時頃までに切り替え 

切り替えが完了したら「MNP回線切替完了」のメールが届くので、SIMカードを入れ替えます。

B mobile S 08

SIMカードの入れ替えは、iPhoneの電源をOFFにして作業します。

SIMカードトレイは、iPhoneの箱に付いてきたクリップみたいなピンでトレイの穴を突くと「にゅっ!」と出てきます。

SIMカードを入れ替えたら電源を入れ、しばらくすると、SMSで「電話番号を確認してくれ」というメッセージが届くので、電話アプリで自分の電話番号が表示されているか確認します。

B mobile S 02

iPhoneのSafariからhttp://www.bmobile.ne.jp/sbpdを開いて、構成プロファイルをインストールします。

B mobile S 03

構成プロファイルをインストールしたら、もう一度再起動します。

再起動後、4G LTE回線でネットに接続できるか確認します。

電話を使う時には、b-mobileの電話アプリを使うと30秒10円、使わない場合は30秒20円かかるので、使ったほうがお得なようです。

 b-mobile電話を App Store で

4G LTE回線を使わないように設定しておく

この「b-mobile S 990 ジャストフィットSIM」は、1GBを超えると1GB 500円で自動おかわりしていくので、990円で運用するには基本的にデータ通信をOFFにしておく必要があります。

B mobile S 05

設定 > モバイルデータ通信 からOFFに。
モバイルデータ通信のON/OFFは、コントロールセンターのボタンからも行えます。 

B mobile S 06

Wi-FiアシストがOFFになっているのも確認。

あとは、統計情報をリセットして、モバイルデータ通信の使用合計を定期的にチェックしておけば安心です。

おかわり課金すると結局キャリアと変わらない額になるので、このSIM一本だけで使う人はほぼ居ないでしょう。他のMVNO+モバイルルーターと併用して、データ通信は基本的にモバイルルーターからWi-Fiで行い、こちらのデータ通信は1GB以内に収めるという使い方がベスト。

b-mobile S一本で普通に使うのなら、他のプランの方が良いと思います。

 b-mobile オンラインショップ

 b-mobile S 990 SIM

 Audibleを聴いてAmazonポイントゲット!(5/8まで)

本の朗読を聴いて楽しむサービスAudibleのお得なキャンペーンが実施中。5月8日(水)23時59分までの期間に30日間無料体験に登録する方は、本を1日5分以上聴けば50ポイント(*プライム会員なら100ポイント)。10日以上聴いたら最大500ポイント(*プライム会員なら最大1,000ポイント)獲得のチャンス!

関連するエントリー