「iPhone X」のおかげでAppleが過去最高益、iPhoneが世界で13億台に到達

Applekessan 2018Q1 01

Appleが、2017年12月30日を末日とする2018年度第1四半期の業績を発表。
売上高は883億ドルで、前年同期比で13%アップの過去最高益となりました。米国市場以外の売上比率は65%となっています。

過去最高益を達成した理由としては、「iPhone X」が11月に発売されたことが大きかったとしています。また、iPhoneのアクティブ端末数(実際に起動されているもの)が、2018年1月末の時点で13億台に到達したということです。

発売当初は確かに爆発的な需要があった「iPhone X」も、最近の売れ行きはかなり落ち着いた印象があります。Appleも出荷台数を下方修正するなど、フェードアウトの匂いを漂わせてきていますが、それでも過去最高益というのは、やはり端末価格が10万円を超える高級機種であったことが大きく影響していると思われます。

実際、2018年度第1四半期に販売されたiPhoneの台数は7万7316台と、2017年度第1四半期よりもわずかに少ない台数ですが、売上高は13%アップしました。

今後も、この高級ハイエンド路線の機種は必ずラインアップされていくことになりそうです。

Applekessan 2018Q1 03

売上高を国別でみると、1位がアメリカ、2位が欧州、3位が中国圏、4位が日本。

日本は、売上高の8.1%を占める世界第4位のマーケットということになります。

Applekessan 2018Q1 02

製品別でみると、iPhoneが売上高の69.7%を占めています。
一方で、iPadが6.6%、Macが7.8%。

Apple TVやApple Watch、iPod Touch、AirPodなどの製品は6.2%。
iTunesやApple Pay などのデジタルサービスは9.6%。

Appleの主軸製品がiPhoneなのは揺るぎませんが、AirPodやApple Watchといった新製品も前年同期より伸びています。

前年同期から売上がダウンしたのは・・・Macのみ
このままじゃ、ティム・クックがますますMacを冷遇するよ〜〜〜。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー