2018年モデルのiPhoneが販売不振、中国の脱アメリカでさらに厳しくなりそう

IPhonexs 2018 down

2018年に発売されたiPhoneの売れ行きが、Appleの予測を大幅に下回ることが明らかにされました。(みんな知ってた)

Appleが、2018年10月〜12月期の売上高について約840億ドルになりそうだと見積もり、予想されていた890億ドル〜930億ドルを下回る結果になることを発表しました。

  • 2018年10月〜12月29日までの売上高が約840億ドル
  • 840億ドルの内、38%が利益になる
  • 営業費用として87億ドルかかっている

iPhoneの売上が落ちた原因について、以下の2つの要因が大きく影響したといいます。

  • ドル高になったこと
  • 新興市場で景気が低迷したこと

新興市場、特に中国では2018年後半に経済成長が減速しはじめ、スマートフォン市場も縮小傾向に。その結果、販売価格が高価な新型iPhone(iPhone XS, iPhone XS Max)への買い替えが予測を大幅に下回ったようです。

iPhone Xから始まったハイエンド・高級モデル路線ですが、景気が低迷すれば、一気に不人気モデルになることが浮き彫りになりました。

また、米中貿易戦争の影響もありそうです。
アメリカでは「脱中国」、中国では「脱アメリカ」が進む中で、Apple製品はどうなっていくのでしょうか?

またこのAppleの発表には、日本市場と思われる内容もあります。
一部の先進国市場(多分、日本市場のこと)でも、新型iPhoneへの買い替えが予想していたよりも行われなかった。これは、2018年12月末まで実施された「iPhone バッテリー交換サービス」が大きな要因だと考えられている、とあります。

実際、多くの人がバッテリーを新品交換してもらって「これで、あと2年戦えるぜ〜〜〜!」となっている状態。2019年モデルのiPhoneが相当魅力的でない限り、2019年も買い替え需要は低まったままになる予感。

実はiPhoneはかなり利益率が高いので、Apple次第では、もう少し値下げすることも余裕です。
2019年モデルのiPhoneはどうなるでしょう。

  • Touch ID復活!
  • 3.5mmイヤホンジャック復活!
  • 価格は6万円台から!

だったらいいな。

関連するエントリー

 U-NEXT 31日間無料体験!

国内最強のサブスク動画配信サービス。使ってみてわかる作品の豊富さ。料金分の価値は確実にある。まずは31日間無料体験で。