Apple、2019年に追加する絵文字に盲導犬や車いすなどを提案

Unicode12 emoji new

Appleが、Unicode 12.0で追加する新しい絵文字を提案しています。

Appleによって追加が要求されている絵文字は、盲導犬、ガイド犬、補聴器、義手、義足、車いす、電動車いす、杖など、障害者の表現をかなり細分化したものになっています。

男・女、肌の色など身体的特長のオプションに加えて、これらの絵文字が追加されることになれば、絵文字のバリエーションはかなり増えることになります。これらの絵文字が承認された場合、2019年にリリースされる「iOS」や「macOS」より実装されます。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー