iPhoneの空き容量を劇的に増やす方法はiCloudストレージしかない

iPhoneのストレージ節約術といえば、無駄なアプリを削除する、アプリに保存しているビデオファイルを削除するなどですが、ちまちまやっていてもラチがあかない!という場合には、iPhone内の写真やビデオファイルをぜ〜んぶiCloudにアップするという方法があります。

設定 > 一般 > iPhoneストレージ から「iCloudフォトライブラリ」と「iPhoneのストレージを最適化」を有効にすればOK。

Icloud backup 02

iCloudフォトライブラリを有効にすると、iCloud Driveに写真やビデオファイルをアップロードしてiPhoneの空き容量を増やします。

iPhoneのストレージを最適化すると、フル解像度の写真とビデオが最適化されたものに置き換わり、空き容量の節約になります。オリジナルのファイルはiCloudに保存されます。

写真アプリにビデオファイルが無いのなら、iCloudの50GBプランで十分です。

ジュース1本分と考えれば、かなりお得。

Icloud backup 01

iCloudへのアップロードが完了したらこんな感じ。

29.8GB→16GBになりました。

Icloud backup 04

ついでに、iCloudバックアップも。

iCloudバックアップは、Lightningケーブルが接続されてロックされた状態で、Wi-Fiに接続されている時に自動的にバックアップが作成されます。

モバイルバッテリーで充電しながらモバイルWi-Fiを使っているときに発動すると面倒なので、バックアップをとったら無効にしておき、自宅にいるときに有効にするという使い方が良さそう。

Icloud backup 03

 Amazonプライム無料体験

お急ぎ便配送料無料、日時指定、動画見放題のプライムビデオ、100万曲以上が聴き放題のPrime Music、会員限定タイムセール、無制限のフォトストレージプライム・フォトなどが使える神サービスに登録しよう!

関連するエントリー