2018年モデルのiPhone、ゴールドやブルー、レッドといったカラー展開で少し安く

IPhone8 coppergold 02

2018年モデルのiPhoneについて、アナリストMing-Chi Kuo氏によるレポートが新しく公開され、価格帯やカラーラインアップについて言及されています。

まずカラーラインアップについては、6.5インチ有機ELモデルがブラック / ホワイト / ゴールドの3色展開。2017年モデルの「iPhone X」でお蔵入りになったゴールドカラーが新色として追加されるようです。

一方、6.1インチ液晶モデルは、グレー / ホワイト / ブルー / レッド / オレンジという5色展開になると言われています。レッドについては、Product(RED)のカラーも含まれているのか?それともレギュラーカラーでレッドがあるのか?

価格帯については、現行モデルよりも少し安くなるとみられます。

「iPhone X Plus」とも言われている6.5インチの有機ELモデルは、デュアルSIMが搭載され、現行の「iPhone X」と同じ価格帯(999ドル〜)で販売。「iPhone X」の後継モデルは、それよりも100ドル安い価格帯になるといわれています。

2018年モデルで最も販売台数が見込まれている6.1インチ液晶モデルについては、700ドル前後になるようです。

基本的な機能は「iPhone X」と同じですが、有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイを搭載、ステンレス製のフレーム、シングルレンズカメラ、3D Touch無しといった仕様でコストダウンが図られています。

本体サイズなどを考えると、「iPhone X Plus」とこの6.1インチ液晶モデルが売れ線になりそうですね。

有機ELやデュアルレンズカメラに付加価値を見いだせるなら「iPhone X Plus」、それ以外は6.1インチ液晶モデルでも十分でしょう。むしろ、カラーラインアップの豊富さから2018年モデルで一番魅力的かも?

 Amazonプライム無料体験

お急ぎ便配送料無料、日時指定、動画見放題のプライムビデオ、100万曲以上が聴き放題のPrime Music、会員限定タイムセール、無制限のフォトストレージプライム・フォトなどが使える神サービスに登録しよう!

関連するエントリー